化粧をするときの注意点

【イオン導入】
まだ「イオン導入」の多くがエステでしか体験できなかった頃、発売始めの家庭用のイオン導入器は、50,000円くらいするものと3,000円程度で購入できるものの両極端でした。 エステで「顔のニキビにはイオン導入が合っていますね」と言われた私は、その足で3,000円の方のイオン導入器を購入しました。でも、イオン導入って機器だけ買ってもだめなんですよね。

ビタミンC導入剤というのがあり(ものによっては機器よりも高くつく)、その液じゃなくては浸透しないのです。 イオン導入器にはボタンが2つついていて、コットンに水を浸み込ませて使う「クレンジング機能」と、洗った後にビタミンCを浸透させる「導入機能」がありました。

そこで、まず、クレンジング機能を使ってみたのですが安いだけのことはあり、水を含ませたコットンを輪ゴムで固定するのです。この作業が意外と難しく、なかなかはまってくれません。やっとはまってクレンジング後の顔にコットンを滑らせるのですが、滑りが悪く肌への刺激が心配でした。でも、使用後のコットンを見てみるとかなり汚れていたので、それなりに普通じゃ落ちないものが落ちていたようです。

もともとイオン導入というのは、普通に化粧水をパッティングするだけでは浸み込まない肌バリアの内側まで、イオンの力でビタミンC導入剤を届けることができるというもので、クレンジングもプラスイオンの作用で普段よりも奥の汚れまでクリアにできる特性があるそうです。

次に、イオン導入を試しました。今度はコットンに購入したビタミンC導入剤を浸して輪ゴムではめて使用。思った以上に、肌に吸い付いていく感じがして導入剤を3回も追加して使いました。使用後はニキビ肌が薄くなった感じがしました。 ただ、ビタミンC導入剤の減り方がすごく、200cc程度しか入っていないため5,6回も使えば無くなってしまうのではないか?と思うほどでした。

結局、導入剤を使い切ったところで使用はやめました。 これは、発売当初の体験談なので現在はもっと進化していて浸透率も上がっているとのことだったので、ニキビの効果は期待できそうです。 手間がかからないのであればまた試してみたいです。

【顔剃り】
女性なのに、満員電車などで顔が接近すると意外と気になる「顔のニキビ」。 眉の下の短毛。目尻の産毛にもみ上げ、女性とは思えないようなしっかりとした髭。よく見ると生えている人多いですよね。 実は、私もだったんです。家のライトや手鏡ではなかなか見えないため、イケメンと話す時になって急に気になりだす鼻の下あたりのニキビ(笑)。

でも、昔の女性って「脱毛」の習慣がないためか「顔剃り」を家で自分で行うことが一般的だったりしますよね。 先日、母が「顔剃り」をしていて、どこが安全なのかわからない「安全かみそり」で器用に顔を剃っていたので、私もやってもらいました。

やり方は、まずは化粧を落としてからマッサージクリームをたっぷりと顔に塗り、安全かみそりの刃を立てすぎず横にしない角度で肌表面に沿わせるように剃っていきます。マッサージクリームに毛がくっついて、刃にもりっとついてきたらその都度、タオルかティッシュペーパーできれいにします。でも、顔って凹凸があるので、自分でやるのはけっこうチャレンジですよね。

昔ながらの理容室などでも行ってくれますので利用してみると良いかもしれません。 産毛がなくなると、とにかくニキビができにくくなります。でもそれだけじゃないんです。 だいたい顔を剃ってから1週間ほどした頃に、肌がつやつやとして張りが出てきます。

剃りたての時はまだ全体に敏感になっているためわかりにくいのですが、どうやら、顔剃りのメリットには肌表面の汚れや古い角質なども取り除かれることで代謝が促され、肌本来の美肌力が発揮されるようになることにあったようです。 ターンーオーバーが正常さを取り戻した肌は、1ヶ月を過ぎる頃まで健在です。

その後はだんだんとくすんでくるので、母曰く「2ヶ月に1度はこうして剃っている」とのこと。 除毛は剃られた断面から新たな毛が生えてくるため、毛穴が広がったり毛が濃くなるのではないか?と心配でしたが、2ヶ月に一度くらいのペースだとその心配も無いそうです。

【肌質改善】
ニキビができてから、何となく肌が透けて見える。エスカレーターなどで上から見られるのが恐怖。 中高年の奥様が出演しているCMをよく見かけるようになりましたが、最近は若い人にも多くなってきていると感じます。 肌質改善のクリームは様々ありますが、私がおすすめしたいのはニキビ専用クリームです。

値段は100mlで1,050円〜1,5リットルで6,825円の間で4種類あります。ドラッグストアで売られているニキビ専用クリームよりは少し高めかもしれませんが、1,5リットルでは2人家族で半年以上も使えます。 もともと美容師さんから薦められて使いはじめた、クリームだったのですが、とにかくハリとコシが見違えるようになります。

洗浄力の強さが特徴で、今までのクリームと同様に2度洗いなどを行っていると、最初はシミが出てきたこともあります。でも、シミがでたからと止めてしまわずに、大切なのは洗い方。つけている際には2度洗いをしても大丈夫なのですが、肌は2度目に洗う際に意識して洗う程度で充分。一度洗いでは少量を手に取り、おでこからあごにつくすれすれの部分までを丁寧に洗って、二度目の泡立ちを促してあげてください。

通常のニキビ専用クリームでは、とりきれなかった油分が毛穴に詰まってしまい、汚れた皮脂に押された髪が細毛になっている女性は意外と多いものです。 私の場合は「乾燥肌」という、悩みでしたが、このニキビ専用クリームを使い始めた次の日にはドライヤーで乾かした後の感触の違いを実感しました。

そして、3ヶ月もすると肌がしっかりと以前よりニキビができなくなったのを感じることが出来ます。 お陰で、今は問題なく化粧を楽しめるようになりました。


ニキビ肌を防ごう